さくらもちブログ

『生きづらさ』の原因がHSP気質であることが解りました。だから残り全部幸せの旅の途中。やりたいことをしよう 今はこんなにも『自由』

子育て講演会に行き【子供のしつけ】について勉強してきました!

こんにちは、さくらもちです(*^^*)

 

市が主催する子育て講演会に行ってきました!

私が住んでいる街は、託児付きの無料の講演会が定期的にあります。

広報に情報が載っているので、毎月チェックしています。

託児付きなので、ゆっくり話が聞けるし

何より子どもと離れることが出来る貴重な時間。

 

自分自身がHSP気質(些細なことにでも敏感に反応しやすい)である事を

受け入れてからは、「ひとりになる時間」の大切さをしみじみ感じています。

子供のことは大好きですが、ひとり時間は本当に大切です!

離れていた分、再会すると優しさがアップしている自分に驚くくらい^^;

 

私は同居しているので、義両親はいます。

ですが高齢でもあり、身体が弱いので

緊急で通院しなくちゃいけない時に預かって頂いています。

夫には一番頼みやすいのですが、週末イコール休日出勤なんです。

リフレッシュ目的では【一時保育・ファミリーサポート・夫】にお願いしています。

 

 

講演会と聞いていたのに、グループワーク!!!??

講演会の部屋に行くと、机が3グループに分かれていました。

 

「お、おう!!!((((;゚Д゚))))焦」←私は人見知り激しい

 

焦っていたら、支援センターで顔見知りのお母さんがいたので

その机にご一緒させてもらいました。

ほんわかした雰囲気の方で、すごく居心地が良かったです。

緊張もほぐれて安心しました。

 

グループワークでは

自分の名前・子供の年齢・カミングアウト(ほとんど初対面なのに!笑)

という自己紹介をしたり、自分の子育て観を話しました。

色々な考えの方がいて、聞くのがすごく楽しかったです。

 

 

しつけとは、【不快】を【快】にしていくこと

赤ちゃん・幼児って、自分が不快だと泣きますね。

お腹がすいた、眠い、オムツが汚れた、抱っこして欲しい、びっくりした

よくわからないけど泣きたい、駄々こね、癇癪

理由は色々あるけれど、つまりそれは【不快】だから泣くそうなんです。

「お母さん!これ何か嫌だ!なんとかして!」って。

 

お母さんは、おっぱいやミルクを用意したり、

オムツをかえたり、抱きしめたり、

子供が心地よい【快】になるように色々とアクションをしますね。

 

「あーオムツ汚れちゃったのね、オムツかえようね、ほらキレイキレイね、気持ちよかったね〜」って喋りながらオムツを変えたり

 

「お母さん、ご飯作るからちょっと待っていてね。

お待たせ〜!」と、ご飯を用意したり。

 

これが【しつけの第一歩】なんですって!!

え〜これがしつけなの!?

 と、私は驚きました。

 

【しつけ】って叱ることだと思ってた!!(´・ω・`)

私はなかなか叱れないタイプです。

だから「ダメだよ!!」と強く言えないことがネックでした。

どう【しつけ】したらいいか、どう【叱ったら】いいものか・・・。

 

でも、この【しつけ】の概念がわかって

ちょっと肩の荷が降りました。

なんだ、私頑張っている!もっと自信持て自分と!笑

 

そして、子育てプラスαとして夫婦間の話もありました。

それは次回に書きたいと思います。

 

 

ご訪問頂き、ありがとうごいました☆