さくらもちブログ

『生きづらさ』の原因がHSP気質であることが解りました。だから残り全部幸せの旅の途中。やりたいことをしよう 今はこんなにも『自由』

『HSP(繊細・敏感気質)』出来たらラッキー、のおまじない☆

こんにちは、さくらもちです(*^^*)

 

 

f:id:mizuiro7:20161215104654j:plain

 

子供を産んでから人生が変わりました

 

うまくいかないことが格段に増えました。

HSPの私にとって

子供のイヤイヤ期の対応や

癇癪の対応は精神がすり減ります。

 

スムーズにやろうと事前準備をしても

追いつかなくて

子供がいるというだけで、

日々が精一杯になりました。

 

我が家は3歳になる娘がひとり。

夫の友人には子供が2、3人います。

「他の家はそんなに育児大変そうじゃないよ。

うちはひとりっ子なのにね」

と、何気なく言われたその一言に傷つきます。

 

 

 

『出来たらラッキー』のおまじない 

私は今年1月に今住んでいる街に引っ越してきました。

その時に、市の保健師さんに家族構成や

今までの育児の経緯などを話したのですが

少し話をして、泣いてしまった私に

言ってくれた言葉を時々思い出します。

 

「出来たらラッキー!くらいに考えるといいよ

なんで出来ないんだろうって

出来ないことを探せば、いくらでも沸いてくる

でも、うまく物事が進む事の方が珍しいし、稀なんだよ。」

 

 

 

肩の荷が降りる

保健師さんて強いな、と思うんです。

でもそれは、きっと色んな経験をしなくちゃいけない

職業だからだと思います。

 

命や人に関わる仕事

生まれること、命が終わること

それらに携わるというのは、本当に尊い事ですね

時には喜びの方が少ない場合もあります。

でもその喜びを悲しみに負けないくらい喜んでいる、

感じがします。

 

 

中学生の頃の保健室の先生も

すごく明るくて印象に残っています。

自己紹介が忘れられないんです。

「今、28歳です。

君たちが28歳になっても、私は28歳です☆」

 

28歳よりは格段に上に感じられる保健室の先生は

ばっちりメイクをして、

とてもサバサバしていて

大好きでした。

 

テスト前になると具合が悪くなって保健室にくる私に

先生に私は「さくらは、生きづらいかもね」

と言われていましたΣ(´∀`;)

(プレッシャーに弱いことを見抜いて、ズバッと言う!)

先生〜でも私今も生きてるよー!!

 

思春期の時期、家族間・友人関係に悩む生徒もたくさんいました。

そんな中でも明るく皆を受け止めてくれる先生は

やっぱり28歳の若さが内にあるような気がしました。

 

 

基本ネガティブ

プレッシャーに弱いし

立ち直るのにも時間がかかる

生きづらい事も多々あります。

 

『出来たらラッキー』をおまじないに出来たら

気持ちはちょっとは楽になれる気がします。

 

 

 

 ご訪問頂き、ありがとうございました☆