さくらもちブログ

【繊細だったり、敏感すぎる(HSP)】気質のわたし。そんな【さくらもち】の幸せの旅の途中を綴るブログです☆

【閲覧注意!症状画像あり】『癰(よう)・せつ』の症状がなくなり半年経って思うこと

こんにちは、さくらもちです(*^^*)

 

f:id:mizuiro7:20170828104514j:plain

 

『癰(よう)・せつ』の症状がなくなって、半年

2年前、私は体中から膿が出る症状が始まりました。 

大体、60箇所になりました。

最後に出たのが今年の2月、

それ以降は症状は出ていません。

 

 

health.goo.ne.jp

 

 

色々試したこと・・・

 

皮膚科

膿が出た場合に服用する抗生剤と塗り薬を

処方してもらっていました。

→膿が出た時に使用。

でも薬を飲まないと、

(1ヶ月後に)また膿が出て来るの繰り返し。

(妊娠の可能性があることを伝え

それでも使えるお薬にしてもらいました)

 

 

心療内科

知人の皮膚科医より

「ストレスを減らすしかないかな」

と言われ、近所の心療内科へ。

 

認知行動療法漢方薬(イライラを抑える・膿を排出する)

での治療をしました。

→こちらはイライラが減って、

少しアトピーが改善しました!

(そっちか!!苦笑、でも嬉しかった〜)

 

 

 早寝早起き

夜は娘と一緒に寝るようにしました。

大体ですが8時には寝て、5時半起床です。

→たまに夜更かしもありますが、

睡眠を多く摂ることで、不安感やストレスが減りました。

 

 

 

自分と向き合うこと

仕事ができない私。

子供といてもイライラして、

育児が楽しくなかった私。

そして夫に八つ当たりしてしまう私。

自分が好きではありませんでした。

→この「さくらもちブログ」でありのままを書くことが

自分と向き合う事に繋がったと思います。

 

 

義実家を出る

1番のストレス原因と向き合い

今年1月に義実家を出ました。

→アパート暮らしになり、

気持ちが穏やかになりました。

自分たちのペースで生活出来ることで

心が安定してきました。

 

 

娘、幼稚園に入園

娘2歳9ヶ月まで家庭保育をしていました。

今年春に幼稚園に入園(4年保育)

→これで自分の時間が増えました。

そして私と娘の世界が広がりました。

 

 

 

良い嫁をやめる

義実家に行かない

→義実家に前向きに会わないようにしました。

心療内科の先生から

「家(古い家なので)のアレルギーだった可能性もある」

と言われこともあります。

娘と夫は定期的に義実家に行っているので

嫁が行かなくても、まあいいじゃん!!

 

 

出来ないことは前向きに諦めた

私は外で「働く」のが向いていません。

焦ってしまってケアレスミスも多いし、

人間関係も他の人の気持がわかってしまうので

悩みやすいタイプ。(HSP故に)

→外で働くことを前向きに諦めました

その代わり、今は家計管理をしたり

子供と向き合うことを勉強中です!

 

 

 

まとめ

『癰(よう)・せつ』の症状がなくなり半年

お医者さんに通いながらも、

自分の出来ることをしました。

 

・規則正しい生活習慣(特に睡眠)

・環境を変えること

・自分と向き合うこと

 

 

正直、お医者さんだけに頼っていたら

治らなかったと思います

(医学を否定している訳ではないです)

 

膿の症状が出た時は、疼痛・発熱で苦しみました。

でもそれは自分のSOSだったのかも、と今は思います。

症状がでていた頃、自分も周りの人も家族も大嫌いでした。

(嫌いじゃなくて、大嫌い、なのです)

 

自分と向き合うことを通して

過去の出来事で傷ついた自分に

優しい言葉をかけたり

ただ抱きしめること

生まれてきたことに意味があること

苦しんだ自分を癒やすのも、また自分であること

自分の人生を誰かのせいにしないこと

やりたいことをやって生きていいこと

等を考えたり、感じることが出来ました。

 

そうする事で気持ちがとても軽くなりました。 

 

 

ブログを書きながら沢山泣いたし(変な人!)

過去のトラウマにサヨナラしたのも貴重な時間でした。

 

もし、同じように『癰(よう)・せつ』で

苦しんでいる方がいたら

もっと自分を大切にしてください

と言いたいです。

 

 

 

最後に症状の画像を【閲覧注意】

当時の症状の写真を載せます。

グロテスクなので、大丈夫な方だけ!!!!

膿の状態は小豆大〜テニスボール大と

その時によって違っていました。 

 

 

 

 

 

 

f:id:mizuiro7:20170828105850j:plain

(右手・中指)

この時は皮膚科に行って切開を勧められましたが、

触れるだけで痛いのでお薬だけもらいました。

 

診察の時に先生にギュッと絞られ、悶絶しました。

これで切ったらアカン!!

麻酔も効かないパターンだ!!と思いました。

麻酔打って切ってもらった時もありますが

この段階まで膿んでくると麻酔も効きませんでした(私は)

 

最高潮に膿んでくると、

お風呂に入った後に膿が出やすくなりました。

(温まるのが良かったのかな)

少し触れただけで「どわ〜」と大量に排泄されました。

 

 

 

 

f:id:mizuiro7:20170828105925j:plain

(左腕)

膿んで、熱を持った状態です。

腫れている中心より左上の方にある黒ずみは

以前膿が出た痕です。

こんな感じで、一度出た症状の近くに

何箇所か出ました。 

 

 

 

 

 f:id:mizuiro7:20170828111402j:plain

 (うなじ)

膿の中心に黄色い芯(芯)のようなものがあります。

膿が出た後に、必ずこの黄色い芯のようなものが残りました。

この芯がなくなると、痛みも治まり

傷も修復していきました。

 

 

 

 

幸いなことに現在は、顔や腕には痕は残っていません。

1番症状が出たのがお尻なので

ここは色素沈着のような痕が

たくさん残っていますが(´;ω;`)

 

皮膚科で切開してもらったお腹の所は

数ミリ傷跡が残っています。

子供の頃の水疱瘡の痕みたいな感じ。

  

 

2年ほど、辛い時がありましたが

症状が治まって本当に良かったです。

これからも自分を大切にしていきたいです( ^ω^ )

 

 

ご訪問頂き、ありがとうございました☆