さくらもちブログ

『生きづらさ』の原因がHSP気質であることが解りました。だから残り全部幸せの旅の途中。やりたいことをしよう 今はこんなにも『自由』

繊細・敏感すぎる気質(HSP)もやもや期を越える

こんにちは、さくらもちです( ^ω^ )

 

 

f:id:mizuiro7:20171004112021j:plain

 原因があり過ぎて『もやもや』する

 

娘がいると1人になれない

(私が横になろうものなら、全力で突進。女子プロレスか!!)

 これが最近の1番困ったことです。

 

最近は園の行事が続いていて

ちょっと私の疲れが出てきました。 

 

夜に夫とバトンタッチして
車に毛布を持ち込んで横になっていました。

 

3時間ほど音楽を聞いて泣きました。

そうしたら大分楽に。

 

 

別に悲しいとか、辛いとかは感じませんが

ただただ『もやもや』していて

それが泣くことでスッキリしたので良かったです。

 

 

 

 

もやもやを吐き出す✕音楽のこと

 

私、未だにipot(クラシック)を使っています。

学生の頃にバイト代で買ったので

多分、10年くらいは経ったと思います。

 

 

最近の曲は全くわからないです

でも10年以上前の曲でも

何度聞いてもときめくので、

それはそれでOKですね

   

特に好きなのは、くるり

娘が生まれる前は、

毎年のようにライブ行っていました。

 

大好きすぎて、くるりの曲とは境界線がありません(笑)

結婚式の曲もほとんど『くるり』で

担当さんに「本当に好きなんですね」と

若干ドン引きされました。

 

 

 

 エレイン・N・アローン博士の『ひといちばい敏感な子』に

 

「HSCも10代になると、騒がしい音楽が好きになり、

勉強中でもにぎやかな曲を聴く子が多くなります。

でもそのような傾向も長くは続かず、

30代までには、また静けさを好むようになります」

 

 

と書いてあります。

確かに、毎日ipot聞かなくても時々でも十分です。

 

あんなに

「音楽ないと生きていけない!!」

 

「音楽とは人生そのもの」

 

と思っていたのに・・・。

 

でも根底は今でも好き。

 

 

 

刺激が多く(運動会に続き、その他行事重なって・・・)

何に敏感になっているか正体不明のもやもやへの対処は

刺激の多い音楽を聞いてやり過ごす。

 

という方法をしてみたら、意外と回復しました。

荒行!?苦笑

 

でもやっぱり1番は静かな部屋で毛布にくるまっていると

いつの間にか「あ、あれやりたい!これやりたい!!」

と、もそもそ動けるようになりますね。 

 

 

大丈夫、少し寝ていてもいい

大丈夫、ちょっと横になればまた動ける

 

呪文のように唱える

まるで魔女

 

 

 

わたしの「もやもや」と「満月」はもしかしたら

関係があるのかな、と思ったりもしました。

月のこと、少し調べてみようかなと思ったりしているこの頃

 

 

 

ご訪問頂き、ありがとうごいました☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村