さくらもちブログ

HSP気質の母です。HSCの娘の子育て中。おとなしそうに見られるけれど、気持ちはロックなお母さんやっています

親の家の片づけに悩んだ時にオススメしたい本

こんにちは、さくらもちです(*^^*)

 

 

 f:id:mizuiro7:20171222103957j:plain

 

 

ミニマリスト、親の家を片づける》

を読みました。

 

やまぐちせいこさん、はミニマリスト

たくさんの書籍を出されています。

 

この本を読んで私は泣きました。

 

 

f:id:mizuiro7:20171219103141j:plain

 

私は、結婚と同時に夫の両親と同居を開始しました。

そして、汚部屋での新婚生活がスタート。

自分たちの部屋にも義両親の物が溢れる部屋で

身体的にも精神的にも疲弊していきました。

 

 

 

子どもが生まれる、というきっかけで

片付けをしたのですが

義両親と何度も衝突し

うまくいかなかったのです。

 

そして結局、私の病気をきっかけに

義実家を出ることにしました。

 

 

 

www.mizuiro7.com

 

 

そんな私

《あの時》に読みたかったなあ、

と思いました。

 

 

私の心が、そんなに傷つかなかっただろう

そして義両親を傷つけることもなかっただろう・・・

 と思います。

 

 

 

親の家を片づけるには、スタートラインがある

 

親が「困った」と言ってくるまで待つ

 

本人が困ることで、初めて「話す」「聞く」という

スタートラインに立てるのです。

 

 

スタートラインに立ってから、

やっと片づけの準備が始まります。

 

 

 

 

私の場合は、

「私が育児をしていくのが大変な環境」

「私が困っていた」

状況でした。

 

義両親は汚部屋でも

な〜んにも困っていなかったのですね。

だから片づけもうまく行かなかったのだ

ということが解りました。

 

 

 

 

 

親の家にはホットスポットが存在する

 

ホットスポットは触らない

 

「明らかなゴミ」でも、

いきなり捨ててはいけないモノも存在します。

これを親の《ホットスポット》と呼んでいます。

 

①親が迷わず「捨てたくない」という

②同じものが大量にある

③人生に通じるモノがある

 

 

 

私の義母の場合キッチン回りでした。

やまぐちさんの場合同様

 

・賞味期限の過ぎた食品類

・謎の液体化現象

・発酵している瓶多数

これらと共存して生活していました。

 

夏場になるとコバエがたくさんわいてしまい

居場所を突き止めると、納戸にしまってあった

漬物から虫がわいていました((((;゚Д゚))))

 

 

さくらちゃんが来てくれるようになって

ゴキブリも見ないね、

ゴミ箱も虫わかないね、

ってお義母さんが言うくらい

私掃除頑張っていました。

 

この状況でも

困っているのは「私」であって、

お母さんはそれが当たり前の生活でした。

 

 

 

 

そう、全ては

スタートラインに

立てていなかった・・・。

 

だから本を読んで私は泣きました。

あの時、泣きながら掃除していた自分は

間違っていなかった

 

同時に、義両親も間違っていなかった

双方の想いがこの本を読んで解りました。

 

 

 

これから、

義両親や私の実家から

困った!!と言われた時に

どんな手順で片付けを

進めて行けば良いか明確になり

安心できました。

 

 

 

 

そして今から私に出来ることも!

《実家にある私の荷物を片づける》

《義実家に残してきた荷物を片づける》

これは、今の私にできることです。

(義実家の分は夫にお願いします^^;)

 

このお正月に帰省した際に

実行していこうと思います(*^^*)

 

 

 

本当に、この本に出会えてよかったです。

 

 

過去の自分をまたひとつ癒やすことが出来ました。

 

そして同じように《親の家》の事で悩んでいる人が

たくさんいることがわかりました。

なので親の家の片づけに悩んだ時には

この本が本当にオススメです!

 

やまぐちさん、ありがとうございました。

 

 

ご訪問頂き、ありがとうございました☆